《遺伝によるシミ》日焼けだけじゃない

公開日: 

若気の至りで肌を焼いていた時期があり、頬骨にできた茶色いシミは日焼けによるものだと信じきっていました。

SK-2やランコムなどの美白美容液を塗りこんでいましたが、全く効果がなく、シミ取りレーザーを試しました。

しかしこちらも効果がなく、なんて頑固なんだと途方に暮れていましたが、そのレーザーを行った病院の先生がおっしゃいました。

「そのシミ太田母斑じゃないかな?」太い母のシミ?初めて聞きました。

このシミは紫外線ではなく、遺伝によるものだと言われました。

そしてちょうど新しいレーザーを購入したので、太田母斑に聞くか試す事になりました。

効果が確かじゃないので、と無性で行ってくれました。

結果、消えました!今まではコンシーラーで隠していたシミが消えました!お陰で以前より厚塗りなメイクをしなくて済むようになりました。

それからはせっかく消えたシミを増やしてはならないと、日焼け止めを毎日塗る、ビタミンCをとる、そして太陽をたくさん浴びたらできるだけ早く水分補給をする事を心がけるようになりました。

太田母斑は再発せず、紫外線によるシミも出来ていません。

もし美白化粧品や通常のレーザーでもシミが消えない方は遺伝性のシミかもしれません。

何でも試して自分に合う化粧品を

中学、高校とテニス部で真っ黒に日焼けすることが当たり前の6年間を過ごし、大学生になってからは休みの度にビーチに行く事も多く…日焼けを気をつけるようになったのが人より遅かったせいか、30代に近づいた頃からシミが目立ちました。

エステなども通いましたが、金銭的に通い続けるのは難しく、自分なりにビタミンを摂るや化粧品などで対策をしてきました。

安価なものだとケシミンなども試しやすかったですし、ビタミン系の基礎化粧品を一式揃えてみたり、ホームピーリングで肌のターンオーバーを促してみたりもしました。

日焼け対策をもっと早くしておけば良かったとは思っていましたが、最近は顔だけではなく首やデコルテの日焼けも顔と同じくらい気にしておけば良かった…と感じています。

首やデコルテラインは化粧では誤魔化せないので、モロ年齢が出ますし、シミがあると首回りがあいた洋服の時は老けて見える気がします。

なので最近は首、デコルテも顔と同じ化粧品でお手入れをし、顔同様セルフマッサージもしています。

してしまった日焼けは戻せませんし、正直今もテニスもビーチも大好き、陽を浴びることが大好きです。

シミを気にしてアウトドアを楽しめないのは嫌なので、その分お金や時間を掛けて丁寧にお手入れをしていこうと思っていますし、色々な化粧品を試した結果、最近自分にあっているシミ対策化粧品はこれ!と言うものに出会えたのでじっくり使っていきたいと思います。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑